BLOG

優れたクリエイターをアサインし“いいコンテンツ”を作りだすディレクタースキルとは!?

優れたクリエイターをアサインし“いいコンテンツ”を作りだすディレクタースキルとは!?

WEBメディア事業やWEBソリューション事業を行っている株式会社abcompany。クライアントの課題に対して最適なコンテンツを提案し、日々生み出し続けている。事業責任者の取締役・渡辺敬吾に、“いいコンテンツ”作りにかける熱い思いを語ってもらいました。

クライアントの目的を達成できるのが、“いいコンテンツ”

――abcompanyでは、どういった仕事をされていますか?
弊社では“メディア事業”と“ソリューション事業”を行っていまして、そのコンテンツ作りのディレクションを主に担当しています。
ソリューション事業では、クライアントといい関係を築きながら、作りたいものややりたいことをヒアリング・提案して、クリエイターたちと一緒にコンテンツを完成させるのが私の仕事ですね。

―― コンテンツ作りでのこだわりを聞かせてください。
クライアントの目的を達成できるのが“いいコンテンツ”だと思っていて、それをつねに作ることを心がけています、たとえば採用インタビュー記事を作る時は採用者がそれを読んで入社してくれることがクライアントの目的ですし、自社メディアにおけるコンテンツの場合はPV数を伸ばしていくことが目的になります。その目的を達成するコンテンツを着実に作り出すことが、ディレクターの使命だと思っています。

――ライターに仕事を依頼する際に、注意していることはありますか?
ふたつあります。まずライター用のマニュアル作りです。どういう風に書くのかを明確にしつつ、サンプル記事をつけてより具体化します。どういうカタチまで掘り下げて書けばいいのか、ペルソナやビジネスの目的、クライアントの要望などを言語化して伝えることが重要です。それらは日々更新していきます。

ふたつめは、ライターの書いたものをしっかりと読みこみフィードバックをするようにしています。特に記事制作の初期段階で、その記事がビジネスの目的に合致しているか、情報の深堀具合などをチェックします。それに対してフィードバックすることが重要です。ただ書き直しをするのはライターにとっても手間なので、がっつり修正をするのは初期のみとするということで理解してもらっています。書き直しをしてもらうことで、品質が良くなり依頼する本数を伸ばせたり、もしくは単価を上げたりして、ライターにもメリットがあるようにしています。それが信頼関係に繋がっていくと思っています。
株式会社abcompany取締役COOの渡辺敬吾

レガシーな産業にテクノロジーで変革を起こす!

――そういったディレクションのスキルはどうやって身につけたんですか?
“ランサーズ”という会社に在籍していた際に、企業からマーケティングの課題をもらって、それに対してコンテンツを制作するという仕事をやっていました。ノウハウはそこで学びましたね。

――このタイミングでabcompanyにジョインしたのはなぜですか?
もともとテクノロジーを使って世の中を良くしたいと思っていて、そういった話を代表取締役の平山と相談していたんです。それで、abcompanyの事業を拡大するタイミングで一緒にやろうという話になりまして。平山はSEOなどの設計や分析が強くて、私は高品質な記事を作るのが得意。お互いの長所が引き立って、より効率的に事業を推進できるとも感じました。

また、「レガシーな産業に、テクノロジーで変革を起こす」というミッションにも共感していて。歴史があるのにITがうまく取り入れられていない産業を、テクノロジーで変えていく。そのことに可能性を感じましたし、私のやりたいことと一致していたので共同経営という形でabcompanyに加わりました。
株式会社abcompany取締役COOの渡辺敬吾

コンセプトやペルソナを作りこめば、PV数は自然と伸びていく!

――渡辺さんは30以上ものコンテンツマーケティング案件に携わってきたと聞きましたが、新規メディアを立ち上げるときに注意していることはありますか?
メディアを立ち上げるときは、コンセプト作りや「どういう人をターゲットにするのか」という読み手のペルソナ設計を大切にしています。どこのメディアもやっていることですが、徹底的にやった方がいいですね。

たとえば20代女性向けのメディアを作るという場合、ターゲットが20代の前半なのか、中盤なのか、後半なのかで読者のペルソナは大きく変わってきます。考え方や生活感、悩みまでもまったく異なります。それに応じてどういう深さで掘り下げて記事化しないといけないかが変わってきます。そのため、ターゲットに近い人たちにヒアリングをしたりして、悩みや生活感を洗い出してコンセプトをより深めていきます。

その状態になって初めて個別の記事テーマやSEO対策キーワードが明らかになってくるわけです。この手法は定石ではあるんですが、きちんとやっていないメディアって結構多い。メディアの立ち上げでは、最初のステージが一番大事なので時間をかけて作っていった方がいいですね。

――ペルソナは読者にとってだけでなく、記事制作の面でも大切なのですね。
そうです。どういうメディアなのかというのが明確だと、クリエイターにも制作の方向性やクライアントの意図が伝わりやすいですね。コンセプトが漠然としてしまうと、トラブルの原因にもなってしまいます。最初の段階でクライアントとの意思疎通をしっかりとするという意味でもメディアのコンセプトや読者ペルソナは明確にしていた方がいいですね。

きちんとコンセプト作りから入って、ペルソナをしっかり設定させてもらえると、PV数もグッと伸びていきますね。過去に担当したコンテンツマーケティングの案件では、数十万とか数百万PV/月まで成長したメディアも多くあります。
株式会社abcompany取締役COOの渡辺敬吾

クライアントの目的を達成できるのが、“いいコンテンツ”

――最後に、いいクリエイターと仕事をするにはどうすればいいか教えてください

いいクリエイターを見つけたら、仕事を通じて信頼関係を築くようにしています。定期的に仕事を依頼したり、より高単価な案件を依頼したりと、クリエイターにとって良いクライアントとなるように心がけます。

また、つねに新しいクリエイターとの接点を設けることが大切だと思います。ネットワークを新しく作って開拓していき、その中からいいクリエイターを見つけていきます。クラウドソーシングを使ってもいいと思うし、ウェブメディアで気になる方と話してみたり、紹介してもらうのもいいですね。ディレクターは、新しいクリエイター開拓はルーチンとしてやった方がいいです。いままでの人がダメということではなくて、新規のクリエイターと仕事をすると、新しい気付きがあります。

いいクリエイターの条件として、「しっかりとコミュニケーションが取れる」というのが必須条件。あとは過去の経歴もヒアリングするようにしています。もとも採用のプロフェッショナルであったりとか、ピアノでコンクールに出ていたりということがあったりします。クリエイターの得意な部分を引き出せるように、仕事を依頼するようにしています。

新規のクリエイターで制作の場をフレッシュにしつつ、優れたクリエイター集団に囲まれて仕事をしていく。さらに、コンセプトやペルソナをしっかりと組み立てていく。そうすれば、“いいコンテンツ”はおのずとできあがってくるものなのです。

関連記事一覧